ビューティーオープナー 全成分

ビューティーオープナーの全成分に副作用やアレルギーの不安はないか検証しました

【最新情報】

 

ビューティーオープナーの注文殺到で、オージオの定期キャンペーンが終了間近です。

 

プレゼント付きでお試ししたい人は急いで!

 

>>すぐに初回65%OFFの公式キャンペーンを見る

 

 

今、女性誌で頻繁に紹介され、インスタやSNSで話題沸騰している美容液のビューティーオープナー。

 

ですが、危険性や毒性のある成分は使用されていないのでしょうか?

 

ここでは、使用されている全成分を調べ、ビューティーオープナーを解析してみました。

 

ビューティーオープナーの全成分とその解析

 

結論から言いますと、危険性や毒性の強い成分は、ビューティーオープナーには使用されていないことがわかりました。

 

他の化粧品でも使用されている界面活性剤は一部使用されていますが、こちらの成分は普通の肌の方でしたら問題なく使用できます。

 

敏感肌の方も、アルコール・香料・着色料・鉱物油が不使用なので、安心して使用できます。

 

全成分について紹介

 

ビューティーオープナーの全成分について、さっそく見ていきましょう。

 

水・BG・ペンチレングリコール・加水分解卵殻膜・ヒアルロン酸Na・スクワラン・カンゾウ根エキス・バラエキス・ローズマリー油・レモングラス油・ニオイテンジクアオイ油・デキストリン・オレイン酸ポリグリセリル−10・クエン酸Na・クエン酸

 

成分の数はそんなに多くはないようですね。

 

卵殻膜エキスという美容成分の割合が高いということが、4番目に”加水分解卵殻膜”が表示されているのでわかります。

 

他には、ヒアルロン酸やカンゾウ根エキスが保湿剤として、エッセンシャルオイルが香料として使用されています。

 

全成分について解析

 

それでは、全成分について解析をしていきます。

 

BG

 

1,3‐ブチレングリコール。

 

保湿剤として、また、菌の発育を妨げる防腐効果を高める働きもあります。

 

植物エキスの溶剤としても使用します。

 

肌への負担は少なく、健康な肌の方でしたら問題なく使用できる成分です。

 

まれにではありますが、アレルギーの接触性皮膚炎の症状が出ることもありますので、過去に同様のトラブル経験がある方は注意してください。

 

ペンチレングリコール

 

保湿剤として使用される多価アルコールで、防腐・抗菌効果が高い成分になります。

 

また、防腐剤のパラベンの使用を、ペンチレングリコールを配合することによって防げる、という利点があります。

 

パラベンより毒性も危険性も低い成分で、肌への負担はほとんどありません。

 

加水分解卵殻膜

 

メイン成分である「卵殻膜エキス」のことです。

 

アミノ酸やヒアルロン酸がたんぱく質をベースにして含まれていますので、肌への馴染みが良い成分です。

 

また、傷の早期治癒・保湿・V型コラーゲンを補助するなどの効果が期待できます。

 

ヒアルロン酸Na

 

動物から取れる天然と、バイオ発酵で作られるものがあります。

 

乾燥から肌を守り、保水性のある成分で、保湿成分として化粧品でお馴染みになっていますよね。

 

スクワラン

 

保湿剤として使用され、もとから肌にあるうるおい成分です。

 

カンゾウ根エキス

 

酸化防止・抗炎症・保湿などの働きがある「トリテルペノイド配糖体」を甘草の根や茎から抽出したものになります。

 

バラエキス

 

香料・保湿剤

 

ローズマリー油・レモングラス油・ニオイテンジクアオイ油

 

香料、精油

 

デキストリン

 

加水分解した澱粉から作られ、粘度調整や吸着剤・安定剤として使用されています。

 

安全性も高く、食品にも使用される成分です。

 

オレイン酸ポリグリセリル−10

 

界面活性剤で、植物由来の脂肪酸とグリセリンを結合させた成分になり、乳化剤としても使用されています。

 

ただ、界面活性剤とはいっても、危険性も毒性も少ない成分です。

 

クエン酸Na・クエン酸

 

柑橘類にも含まれている、有機酸の1つで、キレート剤、pH調整剤として使われます。

 

安全性と副作用について

 

全成分を見ましたが、副作用のあるような成分は使用されていませんでした。

 

その中でも強いて注意すべき成分を挙げるのであれば、界面活性剤として使用されているオレイン酸ポリグリセリル-10になると思いますが、油脂由来の成分で、安全性は高くなっています。

 

しかし、念のためアトピー肌の方は注意した方が良いかもしれませんね。

 

BGはアレルギーが出るという方もまれにいらっしゃるようですので、過去に同様の症状が出たという方は注意してください。

 

そうは言っても、どの成分も化粧品によく使用されている成分で、危険な成分はなく、安全性も確認されています。

 

特別に肌が弱いという方以外は問題はなく使用できるでしょう。

 

期間限定のキャンペーン中です。

 

以上の通り、ビューティーオープナーは全成分が安全性の高い成分で構成されているということがわかりました。

 

現在、ビューティーオープナーの公式サイトで期間限定のキャンペーンが展開中なんです。

 

今だけ初回65%OFFでケアを始められますので、早めにご覧になってみてくださいね。

 

>>初回65%OFFで安心の公式サイトはコチラ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「春季や夏季はそうでもないのに…。

 

「春季や夏季はそうでもないのに、秋や冬に入ったとたん乾燥肌が重篤化する」方は、季節の移り変わりと共に常用するスキンケア用品を切り替えて対策していかなければいけません。
どれほど美しい人であっても、日々のスキンケアをおろそかにしていると、細かなしわやシミ、たるみが肌の表面に現れることになり、老け込んだ顔に苦悩することになるので要注意です。
真に肌がきれいな人は「毛穴が初めからないのでは?」と思ってしまうほどツルスベの肌をしています。実効性のあるスキンケアを行って、滑らかな肌をゲットしていただきたいと思います。
すでにできてしまったシミを取り去るのはたやすいことではありません。ですから初めからシミを抑えられるよう、普段から日焼け止めを塗って、紫外線を浴びないようにすることが重要なポイントとなります。
年齢を重ねると増えてくる乾燥肌は体質に起因しているところが大きいので、保湿に気を遣っても一定の間良くなるくらいで、根底的な解決にはならないと言えます。体の中から肌質を改善することが必要不可欠です。
「赤や白のニキビは思春期であれば当然のようにできるものだから」となおざりにしていると、ニキビが生じていた部分に凹みができたり、色素沈着を誘発する原因になる可能性があると指摘されているので注意しましょう。
月経前になると、ホルモンのバランスが乱れることからニキビが頻発すると嘆いている人も多々見られます。月毎の生理が始まる時期を迎えたら、十分な睡眠を取る方が賢明です。
透き通るような白い肌は、女の子であれば誰でも理想とするのではないかと思います。美白用のコスメとUVケアのダブルケアで、ツヤのある雪肌を目指しましょう。
ニキビ顔で頭を悩ませている人、顔全体にできるシミやしわにため息をついている人、理想の美肌を目指したい人など、全ての人々が心得ておかなくてはいけないのが、効果的な洗顔テクニックです。
旬のファッションでおしゃれすることも、あるいは化粧に流行を取り入れるのも重要ですが、美しい状態を継続するために一番重要視すべきなのが、美肌を作り上げるスキンケアであることは間違いないでしょう。
「若者だった頃は何も手入れしなくても、当たり前のように肌がツヤツヤしていた」方でも、年齢が進むと肌の保湿能力がダウンしてしまい、いずれ乾燥肌になってしまうおそれがあります。
老化の象徴であるニキビ、しわ、シミ、更に垂れ下がった頬やくすみ、毛穴の黒ずみなどを改善して美肌を得るには、質の良い睡眠時間の確保とバランスのよい食生活が必須だと言えます。
鼻の頭の毛穴が開いてポツポツしていると、下地やファンデを塗っても鼻表面のくぼみを隠すことができず今一な仕上がりになってしまいます。きっちりケアするようにして、緩みきった毛穴を引き締めるようにしてください。
専用のアイテムを取り入れてスキンケアを続ければ、ニキビのもととなるアクネ菌の繁殖を防ぐとともに肌を保湿することも可能であるため、厄介なニキビに適しています。
男の人の中にも、肌が乾いてしまって頭を抱えている人は結構います。乾燥して皮膚が白っぽくなると衛生的でないように見られることが多いので、乾燥肌対策が必要です。

 

 

日々ニキビ肌で悩んでいるのであれば…。

 

若年の頃は小麦色の肌も健康美と評されますが、加齢が進むと日焼けはしわとかシミに代表される美容の敵となるので、美白専門のスキンケアが欠かせなくなってくるのです。
日々ニキビ肌で悩んでいるのであれば、食習慣の改善や頑固な便秘の解消というような生活習慣の見直しを柱として、持続的な対策を講じなければいけないと断言します。
いっぺん刻み込まれてしまった口角のしわを除去するのは簡単なことではありません。表情の変化によるしわは、普段の癖でできるものですので、日常的な仕草を見直さなければいけません。
肌のコンディションを整えるスキンケアに不可欠な成分というのは、生活習慣や肌のタイプ、時期、年齢層などによって変わってしかるべきです。その時々の状況を振り返って、お手入れに用いる化粧水や乳液などを入れ替えてみましょう。
「これまで愛着利用していた色々なコスメが、なぜか合わなくなったようで、肌荒れが生じてしまった」という様な方は、ホルモンバランスが壊れている可能性が高いです。
どれだけ容貌が整っていても、毎日のスキンケアをないがしろにしていると、やがてしわやシミ、たるみが肌に表出するようになり、年老いた顔に思い悩むことになるでしょう。
早い人だと、30歳を超える頃からシミのことで思い悩むようになります。少々のシミなら化粧で誤魔化すこともできるのですが、真の美肌を目指す方は、早いうちからお手入れしなければなりません。
ご自身の肌質になじまない化粧水やクリームなどを使用していると、美肌が手に入らないのはもちろん、肌荒れのリスクも生まれます。スキンケアグッズを購入する場合は自分の肌質に合ったものを選ぶのが基本です。
「顔が乾いてこわばる」、「手間をかけて化粧したのに長持ちしない」などの悩みを抱える乾燥肌の女性の場合、使っているコスメと日常的な洗顔方法の再確認が必要不可欠です。
ひどい乾燥肌に苦労しているなら、日々の暮らしの見直しをした方が良いでしょう。更に保湿性を重視した美肌コスメを使用し、体の内部と外部を一緒にケアするのが得策です。
日々のお風呂に必須のボディソープは、刺激がほとんどないものを選定するようにしましょう。泡をたくさん立ててから撫でるようにやんわりと洗浄することが必要です。
「春季や夏季はそれほどでもないのに、秋季や冬季は乾燥肌に苦労する」人は、シーズンに合わせて利用するコスメを切り替えて対策を講じなければいけないでしょう。
ちょっと日焼けしただけで、赤みがさして痒くなってしまうとか、刺激の強い化粧水を使ったのみで痛くて我慢できないような敏感肌の方には、刺激の小さい化粧水が必須です。
白肌の人は、メイクをしていなくても肌の透明度が高く、きれいに見られます。美白用のコスメで紫外線によるシミやそばかすが増えていってしまうのを抑えて、あこがれの美肌女性に近づきましょう。
きちっとお手入れを心掛けていかなければ、老いに伴う肌の衰退を抑制することはできません。一日につき数分でもコツコツとマッサージを施して、しわ予防対策を実行するようにしましょう。